カメラマンの平凡日記(記録用)


by k5oqqdpfhf

小沢氏は説明責任を=福島氏(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は3日夕、東京地検特捜部が小沢一郎民主党幹事長を不起訴処分とする方針を固めたとの報道に関し、「それとはかかわりなく、政治の姿勢として説明責任を尽くすことが必要だ」と述べ、不起訴となった場合でも、不透明な資金管理の実態を十分説明するよう小沢氏に求めた。国会内で記者団に語った。
 一方、国民新党の亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)は党本部で記者会見し、小沢氏の問題について「それは国民新党で聞く話ではない。民主党の話だ」と語り、コメントを避けた。国民新党の自見庄三郎幹事長は「今の時点で小沢幹事長なりの説明をしていると信じている」と小沢氏を擁護した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

夫婦別姓、結婚後の変更可能に=法務省が検討−民法改正案(時事通信)
抗精神病薬5成分で無顆粒球症と白血球減少の副作用(医療介護CBニュース)
<天皇、皇后両陛下>メキシコ大統領夫妻と会見(毎日新聞)
押尾被告、3月に公判前整理=保護責任者遺棄致死−東京地裁(時事通信)
石井桃子回顧展 生涯を資料で紹介 世田谷文学館で2月6日から(産経新聞)
[PR]
by k5oqqdpfhf | 2010-02-05 13:45