カメラマンの平凡日記(記録用)


by k5oqqdpfhf

覚せい剤おとり捜査で摘発=イラン国籍の9人追送検−愛知県警(時事通信)

 覚せい剤などを密売したとして、愛知県警と京都府警の合同捜査本部は26日、麻薬特例法違反容疑で、住所不定、無職ガディムモラル・サイード容疑者(35)=覚せい剤取締法違反罪で起訴=らイラン国籍の男9人を追送検した。捜査関係者によると、摘発には捜査員が客を装って密売人に接触する「おとり捜査」が使われたという。
 おとり捜査は、最高裁の判例で、薬物犯罪などの捜査で適用が認められている。中井洽国家公安委員長も昨年9月の就任会見で導入を前向きに検討する意向を示した。
 捜査本部によると、9人は昨年1月10日〜10月23日ごろ、名古屋市内で、同市の無職女性(31)ら十数人に覚せい剤約4グラム、大麻草約10グラムを計約23万円で譲り渡すなどした疑い。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
覚せい剤で起訴の男性無罪=「第3者関与か」所持否定
リーダー格か、中国籍の男逮捕=女性遺体事件で3人目

首相の「不起訴望む」発言 首相の「反検察」の本音明らかに(産経新聞)
追試実施は見送り=「インフル患者減少」−東大入試(時事通信)
民主対策チーム「行政への圧力」=大島氏(時事通信)
発想を形に 服飾専門学校生がショップ運営(産経新聞)
陸山会の規正法違反、東京地検が態勢を増強(読売新聞)
[PR]
by k5oqqdpfhf | 2010-01-28 10:58